調理師 資格試験

調理師 資格試験教材

「調理師試験」の傾向と対策

「調理師試験」の傾向と対策

平成28年度から調理師試験の変更が行われます。
すべての科目で6割を目指しましょう!
準備段階ではすべての科目で7割以上の正解を目指しましょう!
合否を決めるケアレスミス

平成28年度から調理師試験の変更が行われました。

変更の詳細は受験する都道府県で異なりますので、受験前には必ず調べましょう。
調理師試験の試験科目は7科目でしたが、衛生法規がなくなり以下の6科目となりました。ただし衛生法規の内容は公衆衛生学と食品衛生学に取り込まれる予定です。

すべての科目で6割を目指しましょう!

原則として全科目の合計得点が満点の6割以上である者が合格
1科目でも得点が当該科目の平均点を著しく下回る場合は不合格ですし、総得点で6割取れないと不合格です。

得意科目で点数をとることと、苦手科目でも6割の点数をとることで間違いなく合格できます。

準備段階ではすべての科目で7割以上の正解を目指しましょう!

7割以上取れる実力をつけておけば、問題全体の難易度が高くても6割以上は取れます。

準備しているすべての問題集で7割以上で合格表示が出るように設定しています。
日々の学習で問題を解いてください。
試験前の1週間ですべて合格表示が出るようになれば合格間違いないです。

合否を決めるケアレスミス

問題の少ない科目は、ケアレスミスは致命的です。
問題数の少ない食文化概論は要注意です。

食文化概論の問題数は5問、調理理論の問題数は30問です。
1科目でも平均点を著しく下回ると不合格です。わかっていても早とちりで間違うことはよくあることです。