登録販売者 資格試験

登録販売者 資格試験教材

登録販売者試験 傾向と対策

合格する為には点数の取りやすい章から勉強しましょう!

学習の順番
第1章→第5章→第2章→第4章
第3章は、毎日数問ずつ学習しましょう。

各章の学習ポイント

第1章

比較的点数を取りやすい章であり、白本に記載されている副作用の定義、
アルコールと肝臓の関係性、小児や高齢者の特徴、プラセボ効果、4つの主な薬害
などをきちんと覚えると、点数につながる。

第5章

もっとも点数が取れる章です。過去問題からほとんど出題されます。他の章の学習前に確実に点数が取れるようにしましょう。

第2章

範囲が比較的広く、覚えなければならない情報量も2番目に多い。
まずは、薬の剤型と薬の副作用は情報量が少なく、点数につながるので、優先的に覚える。人体の構造に関しては、白本にざっと目を通し、過去問を繰り返し行いながら、確認して覚えましょう。

第4章

範囲が比較的広い。ひっかけ問題も多く、点数を取るには注意深さも必要。また、追加や変更点が最も多い章である為、新たな問題が出題される可能性もあります。取れる点数をしっかり取れるようにしましょう。

第3章

範囲が最も広く、覚えなければ ならない情報量が1番多い。
第3章の問題集を毎日1つとく習慣が大切です。一度に覚えるのは難しいので、過去問を繰り返し行いながら、確認して覚えましょう。店にあるクスリの問題ですから、箱の裏などの説明を参考にすると仕事にも役立ちます。