Skip to content

調理師

無料教材で調理師試験に合格しましょう。

学習内容を下から選んでください。

調理師について

飲食店などでの調理の仕事を目指す際、調理師免許を取得したいと思う方は多いのではないでしょうか?

試験対策の学習を始める前に、調理師免許の取得方法、資格取得のメリット、試験内容や難易度、合格率などについて解説します。

調理師とは、食品の「栄養」や「衛生」「適切な調理法」などの知識を持ち、安全な料理を作ることができる調理のプロのことです。

飲食店をはじめ、病院や福祉施設、学校・会社の食堂など、活躍のフィールドも豊富です。食に関する知識を広げられるため、ご家庭でも役立ちます。

調理師免許とはどういうもの?

調理のプロであることを証明する調理師免許を持っていれば、開業に必要な「食品衛生責任者」の資格を、講習会を受講せずに申請のみで取得できます。
もちろん、飲食店の開業を考えていなくても、調理師免許を持っているだけで「調理に関する技術や知識を十分に持っている」と認められるため、飲食業界への就職や転職などで有利になります!また、お店に来るお客様に対しても、調理師免許を持っているということで、安心感を与えることができます。

調理師免許を取得する方法は?

調理師免許を取得するには、2種類の方法があります。以下で取得する方法を解説します。

専門学校や養成施設で学んで取得する

1つ目は、厚生労働省が指定する調理師専門学校や、調理科などのクラスのある高校、大学などの養成施設で学び、卒業することです。卒業後、住所地の都道府県知事に申請することにより調理師試験を受けずとも調理師免許を取得することができます。

高校や大学は卒業までにそれぞれ規定の年数がかかりますが、調理師専門学校の1年制の場合、免許取得までの期間は1年で済みます。

実務経験を積んだ上で調理師試験に合格する

2つ目の方法は、飲食店などで2年以上調理の実務経験を積んだ上で、各都道府県が実施する調理師試験を受けて合格し、申請して免許を取得するというものです。実務経験の証明には「調理業務従事証明書」の提出が必要となります。この実務経験はあくまで「調理」の経験であり、接客などの仕事では認められません。なお、非正規雇用のパートやアルバイトでも、規定の条件を満たすことで受験が可能です。

調理師免許を取得するメリットは?

調理師免許がなくても飲食店などの開業や調理業務はできますが、免許を取得するとさまざまなメリットがあります。

就職に有利になる

調理技術と食の専門知識を持っているため、即戦力になりやすいといえます。そのため、調理師免許を取得していることが応募条件になっている求人も多くあります。一定の技術と知識があることを書類選考の段階でアピールできるので、就職に有利といえます。

給料や待遇が良くなる

調理師免許のないまま調理師業務に従事すると、最初のうちは荒い物などが主な仕事です。また、免許のある人よりも給料が少ないことがほとんどです。しかし、調理師免許で技術や知識を証明できれば、新人のうちから調理をまかされたり、資格手当がついたりする可能性もあります。また、給料が上がりやすくなるケースもあります。

店の信頼度が上がる

調理師免許は、調理技術だけではなく栄養、衛生の専門知識も有していることの証明です。そのため、提供される料理が安全で栄養バランスがとれているという安心感につながります。安心感は店への信頼度を上げ、リピーターの増加や新規顧客の獲得など、経営の安定化にもつながります。

調理師試験の受験資格は?

調理師免許を取得するには、次の2つの方法があります。
(1)厚生労働大臣が指定した調理師学校(養成施設)を卒業する
学校によって年限は異なりますが、多くは1年~2年で卒業できます。現在は、指定養成校が全国で270校程度あります。
(2)2年以上飲食店などで調理の実務を経験した後に、調理師試験に合格する。
受験資格に年齢制限はなく、義務教育を終えていれば、調理師学校に行かずに試験を受けて調理師免許を取得することも可能です。ただし、受験資格に「2年以上の調理の実務経験」が必要とあります(実務経験はアルバイトでも可能です)。また複数の店の経験を通算することもできます(ただし、それぞれの店舗で証明を貰うことが必要です)。

「2年以上の調理の実務経験」の対象施設

中学卒業後、「調理師法施行規則第4条」に定める下記施設で2年以上調理業務に従事した証明が必要です。
●飲食店営業(旅館・簡易宿泊所を含む)
●魚介類販売業(販売のみは除く)
●惣菜製造業(佃煮を含む煮物、炒め物を含む焼物、揚げ物・蒸し物・酢の物または和え物を製造する営業)
●学校、病院、寮等の給食施設(継続して1回20食以上または1日50食以上調理している施設)

調理師試験の概要は?

調理師試験は各都道府県で毎年行われています。おおむね年1回ですが、2回実施される場合もあります。大型台風など、悪天候の影響が非常に大きい場合は日程が変更されることもあります。受験会場は1~3ヶ所と、都道府県ごとに異なります。

複数会場がある都道府県でも、申請時に希望会場を選択できる場合と、できない場合があります。受験料も都道府県によって異なり、おおむね6100円~6400円ほどです。前述したとおり、調理師専門学校や調理科クラスのある大学など、厚生労働省が認定する養成施設を卒業すると、調理師試験は免除になります。

調理師試験の出題内容は?

試験内容は「公衆衛生学」「食品学」「栄養学」「食品衛生学」「調理理論」「食文化概論」の6科目です。

「公衆衛生学」では、地域社会における健康問題などが出題されます。「食品学」や「栄養学」は、食品の分類、加工、保存や栄養素について、「食品衛生学」は、食中毒の予防などについての出題です。「調理理論」では調理技術や食品の調理による変化などについて、「食文化概論」では、食に関する歴史などが問われます。

調理師試験の難易度は?

調理師試験は実技試験を行わず、筆記試験のみとなっています。出題形式は4つの選択肢から1つを選ぶマークシート方式です。実技試験がないうえ、記述問題ではないので、人気資格のうちでは比較的難易度は高くない試験といえます。
原則として全科目の合計得点で合否判定され、60%以上が合格ラインとなります。ただし、「1科目でも平均点を著しく下回る場合」や「1科目でも0点がある場合」は不合格となります。まんべんなく勉強し、苦手科目を作らないことが合格の秘訣です。
調理師試験は例年、おおむね6~11月に実施され、居住していない都道府県でも受験できます。そのため、東京都で調理師試験を受験後、試験日の違う神奈川県で再チャレンジするなどの、いわゆる「かけもち受験」も可能です。難易度が高くなく、チャンスも複数回あるため、合格しやすい試験といえます。

学習時間はどれくらい?

自宅で学習する場合、3カ月から半年間、毎日1~2時間の学習を継続して受験する人が多いようです。仕事と勉強を両立する場合、毎日1時間の学習を半年間続けるプランが現実的といえます。
独学でも合格できる?
独学でも調理師試験の合格は可能です。しかし、出題範囲が6科目にわたるため、自分に合った参考書探しやスケジューリングをしっかり行う必要があります。勉強だけに集中したいなら、テキスト選びやスケジューリングを任せられる通信講座の受講が効率的といえます。

調理師試験の合格率は?

合格率はおおむね60%前後となっていますが、都道府県ごとに違いがあります。以下に合格率の推移や都道府県別の合格率をまとめましたので、参考にしてください。

合格率の推移は?

直近5年間の全国平均合格率を見てみると、おおむね60~65%の間で推移していることがわかります。

合格までのスケジュール(3ヶ月で無理なく合格できます)

ステップ1 

重要項目講座で基礎知識を習得

まずはテキスト学習からスタート!
重要項目を読み上げるユーチューブ講座をお聞き下さい。
要点を凝縮しているので、とってもスリムでコンパクトです。

1講座5-10分ですので、1日の学習時間は約30分でOK! 通勤やお昼休みなどのスキマ時間を使いながら、学習を進めていきましょう。

スキマ時間を上手に活用することが、合格への近道です!

ステップ2

「問題を解いてみよう」ユーチューブ講座で「解答力」を養成
問題の「解答力」は試験突破のために身に付けます。1問1答なのでしっかり重要項目を理解できます。解答のコツもつかめます!

学習に関して、わからないことがあればお気軽にご質問ください。疑問をそのままにせず、どんどん質問をすることで理解が深まっていきます。

質問は、メールはもちろん郵送でもOK。知識豊富な講師がわかるまで丁寧にお答えします。

ステップ3

実力チェック問題を解いていきます。

問題の正解率を7割まで高めていきましょう。自分の苦手とする弱点がわかればステップ1に戻って学習しましょう。
さらに実力がアップして、自信を持って試験に臨めます。

いよいよ試験本番!

試験は例年6月~11月に都道府県ごとに実施。複数の都道府県で、かけもち受験もOKです。

試験は筆記試験のみ!マークシート方式の4択式。全科目の合計でおよそ60%以上の得点が合格の目安です。

法改正情報や試験の最新情報など、有益な情報は適宜お知らせ!情報収集に時間を費やすこともなく、安心して試験に臨めます。

合格&申請で「調理師免許証」が交付

合格後、各都道府県に申請すれば、晴れて調理師免許を取得! 調理の現場で、ますますご活躍いただけます!

申請の際には登録料が必要です。

飲食店を将来的に開業したい方や、料理に対する正確な知識を習得したい方におすすめの資格が「調理師」。調理師とは、食品の「栄養」や「衛生」、「適切な調理法」などの知識を持ち、安全な料理を作ることができる調理のプロです。

食品の安全や健康への注目が高まる中、飲食店はもちろん、福祉の現場や病院、学校・会社の食堂など、活躍の場は多彩。飲食業界への就職・転職の武器になり、職場でのキャリアアップ・収入アップも期待できます。また、食に関する知識を広げられるため、普段の料理にも役立てられます。